揚琴(ようきん)について…
      歴史や構造の一部を紹介します。

※クリックで写真拡大

明代後期に中国へ伝来

180094N97g8BD5907D.JPG.jpeg

中国の代表的な民族楽器である
揚琴は、チター属の打弦楽器。
明王朝後期(約400年前)頃、
当初は現在の広東地域へと
入ってきました。

中国民族楽器

classic_stand切抜.jpg

元祖であるダルシマーは、
ヨーロッパでは「ツィンバロン」
や「ピアノ」へと発展し、西ア
ジア、イランでサントゥールと
なって定着。揚琴のルーツが
ピアノにも通ずる所以は、
そこにある訳です。

改良を続ける楽器

P1030908.JPG

伝来されてから現在も、職人の
手によって楽器改良が行われて
います。
 ※変音装置とは……半音の移
動が可能になり12平均律を作る
ことができる。

音の微調整

P1030771.JPG

丸い円すいの形をしたものを、
滾軸(こんじく)といいます。
滾軸はローラーのように左右に
動かして、音程を微調整するた
めのコマです。

ニックネームがあります

P1030801.JPG

当初は西洋から渡ってきた楽器
ということで…「洋琴」と書き
ました。
その後は「楊琴」→「揚琴」と
変化してきました。ニックネーム
として、その姿や形から「蝴蝶琴
(こちょうきん)」「扇面琴(せ
んめんきん)」と呼ばれます。

揚琴の演奏方法は?

img_chinchen01.jpg

両手に演奏撥(チンチェン)を
持ち、弦を直接叩き奏でます。
基本材質は竹。竹のしなやかさ
を利用して細かい音を奏でます。

チューニングレバー

調音器大.JPG

揚琴には150本以上の弦が張ら
れています。低音域には、纏弦
(銀タイプまたは、銅タイプ)
が、中〜高音域には鋼弦(ス
チール)が張られています。

調律もパフォーマンス!

P1030792.JPG

調律は、演奏をすることの次に
大切なことです。特に日本では
季節によって気温湿度に左右さ
れますので、演奏の前に軽く調
律…演奏パフォーマンスの一つ
として、コマメに調律をしま
しょう。

揚琴の裏側(共鳴孔)

P1010296.JPG

表面の弦を叩き奏でると、楽器
本体が響き裏面の共鳴孔を通じ
て、音が広がる仕組みになって
います。良い揚琴を見分けるポ
イントにもなります。

現在の揚琴スタイル

P1030898.JPG

音域も4オクターブ以上に広が
り、民族楽器なの?と思うほど、
豊かな音色も持つようになりま
した。素材も亜洲(アフリカ)
紫檀を使うことにより、音が安
定しました。天然貝の装飾は、
まるで家具のように美しいです。