金亜軍オフィシャルwebsite > プロフィール

プロフィール写真

上海生まれ。7歳から揚琴の世界に入り、14歳でデビュー。90年に来日後、揚琴伝来の旅シリーズコンサートを日本各地で開催。“揚琴独奏”という新たな芸術領域を開拓した演奏家として注目される。幅広いジャンルで演奏するほかに、作曲を手がけるなど活躍の場を広げている。飛鳥Ⅱ世界一周クルーズに2014年から連続出演。来日20周年記念アルバム「第三の男」ほか。 http://www.youkin.com


金 亜軍 〜きん あぐん〜

揚琴プレーヤー

●中国上海市出身。7歳より音楽家の父、金 少白の影響を受け中国民族楽器”揚琴”の世界に入る。
●77年、中国人民解放軍区所属歌舞団に、最年少ソリスト(当時14歳)で特別入団軍区代表演奏者として、個性的な演奏芸術、独自な表現力を披露し絶賛を浴びた。
●90年、「揚琴」独奏楽器確立の為、来日。
●名古屋芸術大学音楽理論作曲部研究生に在籍(95年修了)。中国揚琴と交響楽の為の自編曲「櫻花変奏曲」を日本初演。
●98年、揚琴伝来の旅シリーズ「亜洲回響」中国揚琴リサイタルの演奏及び、総合プロデュースをスタートさせる。
●NHK「おしゃべりらんち」CBC「音楽で綴る大陸ロマン」などテレビ、ラジオに出演。
●第17回香港アジア芸術祭に、中国古代の復元楽器「瑟(しつ)」の演奏を、日本代表奏者として出演。
●99年、演奏活動に加え、地域の音楽活動にも熱意を持ち、チャリティーコンサートにも参加。また、東洋音楽学会や上越教育大学にて、特別講師を務める。
●2000年、ジャズドラム猪俣猛トリオとの夢の共演を行い、「不思議な音楽会VOL.5」4.15(ビクター・ニッパーズ・ギンザ)。「RHYTHM & JAZZ」21世紀へのメッセージ〜打楽器の世界〜コンサートにゲスト出演(有楽町朝日ホール11.11)。
●東京で開催された「第3回 長江杯国際コンクール」にてグランプリ受賞。「来日10周年記念〜揚琴コンサート<楽季>」開催(アートピアホール2000.12.4名古屋)。
●2001年、日本を代表するミュージシャン前田憲男pf.・猪俣猛dr.・荒川康男bs.と共演「GOLDEN TRIO WE3」(王子ホール4.19東京)。(亜洲回響シリーズ)第二回「アジア回響〜NEWバランスセッション〜」開催。史上初の編成、揚琴、尺八、ピアノによる(ザ・コンサートホール5.22名古屋)。
●2002年、東北初金亜軍揚琴コンサートin盛岡「亜洲回響」を行う。(3.16盛岡市民文化ホール)。開館10周年記念「かつしかガラ・コンサート」に出演。(5.26かつしかシンフォニーヒルズ)。
●日本伝統舞台能楽堂で、国内初の中国揚琴のための創作音楽を取り入れた〜金亜軍揚琴伝来の旅〜シリーズ1「奏」(そう)コンサートを開催。絶妙的な舞台効果、そして音楽に無限の追求、見事な響きを絶賛される(名古屋能楽堂11.21)。
●2003年、新春祝う雰囲気の中、ヤマハ東京銀座店内で開催されたオープンサロンコンサートに出演。(2.22ヤマハ東京銀座店)。「亜洲回響(様々なスタイルから生み出す斬新なコンサート)」をテーマにしたシリーズ=NEWバランス・セッション2=「音 像」〜見える音楽〜揚琴と写真スライドのコラボレーションステージ。視覚・聴覚からの音楽舞台を作り試みる。(デザインホール4.18名古屋)。NHKラジオ第一(全国生放送)村上信夫アナウンサー「きょうも元気でわくわくラジオ〜ときめきインタビュー〜」に出演(4.21.)。
●2004年、愛知縣護國神社「舞殿」にて、〜揚琴伝来の旅1〜「楽」(ゆえ)コンサートを開催し、ジャズピアノ、パーカッションとのセッションを行う(愛知縣護國神社10.3)。
●2005年、独奏楽器としての揚琴の可能性をさらに広げるため、ジャズピアノとデュオを組み〜揚琴伝来の旅シリーズ2「奏」金亜軍揚琴リサイタル東京公演を開催(市ヶ谷ルーテルセンター2.4.)。TBSラジオ:大沢悠里の「ゆうゆうワイド」に出演(1.18.)。愛知県で開催される万博、愛・地球博「ユーラシアの響き」公演(6.18/19)に出演。NHKBS放送、ふれあいホール「出会いのコンサート〜音楽で旅する上海〜」サーカスのゲストとして出演(11.30/12.1)。
●2006年、金亜軍揚琴リサイタル、揚琴伝来の旅シリーズ「煌」(きらめき)in名古屋(名古屋伏見電文コンサートホール11.17.)、in東京(銀座王子ホール12.15.)で開催。また、揚琴普及のための揚琴公開講座を各地で開催する。
●2007年、揚琴普及活動の一環として、ヤマハから揚琴のためのDVD発売。それに伴い、揚琴教則本の制作、ニューアルバム制作など創作活動にも積極的に取り組んでいる。世界文化遺産指定の日光二荒山神社にて、歴史上初めてとなる「拝殿」ライブコンサート「暦」(こよみ)in日光を開催(4.11)。音楽誌「音遊人(みゅーじん)」音楽探訪にて“揚琴”を紹介。
●2008年、シンセサイザーのスペシャリスト深町純のサポートを受け〜揚琴ライブコンサート「奏」(栃木市文化会館大ホール2.14.)を開催。深町氏とのデュオライブも継続的に行う。
●2009年、揚琴コンサート2009「揚琴で綴る世界の旅」(5月8日東京文化会館、7月17日名古屋テレピアホール)を開催。「音像Ⅱ〜見える音楽」揚琴と写真(塚本伸爾)のコラボレーションステージ(愛知県芸術劇場小ホール11.15)を開催。
●2010年、来日20周年記念「揚琴スペシャルライブ」(名古屋ヤマハホール4.11)を開催。
上海万博:上海テレビ公開収録番組に出演。
●2011年、来日20周年記念「金亜軍 揚琴コンサート」(東京文化会館小ホール2.6、名古屋能楽堂2.20)を開催。
●2012年、揚琴コンサート「輪」〜音楽で日本の元気をつなぐ〜(東京3.3)、揚琴コンサート「あの日、あの時。」(東京4.28)を開催。
●2013年、揚琴伝来の旅シリーズコンサート「あの日、あの時」(名古屋3.9)を開催。村上信夫氏と木村まさ子氏と組んだ、朗読コラボステージ「音魂・言魂(おとだま・ことだま)」(南相馬5.12)を行う。沖縄FMなんじょう開局記念「揚琴コンサートin南城」開催(沖縄南城7.20)。
●2014年、飛鳥Ⅱ世界一周クルーズに出演(横浜~パラオ区間)。ルーツを同じくする東の「揚琴」と西の「ピアノ」(早瀬恵理)「真夏の夜の演奏会」を開催(東京7.14、名古屋7.16)。
●2015年、揚琴とアコーディオン&鋸琴「上海故事」Shanghai Storyを開催(名古屋2.18)。ピアニスト小原孝氏のコンサートにゲスト出演し初共演(高津市9.27)。朗読コラボステージ「音魂・言魂(おとだま・ことだま)2015」銀座ヤマハホールにて開催(東京11.4)。音を想う風景〜揚琴と写真(塚本伸爾)のコラボ「音像〜見える音楽〜」東京公演を開催(東京11.7)。
●2016年、飛鳥Ⅱ南極・南米ワールドクルーズ2015年~2016年に出演(パペーテ〜バルパライソ区間)。NHK放送90年大河ファンタジー「精霊の守り人」(原作:上橋菜穂子、曲:佐藤直紀、主演:綾瀬はるか)の劇場版音楽に参加。

“揚琴独奏”という新たな芸術領域を開拓した演奏家として注目されている。
幅広い層から高い評価を得て、揚琴の世界をあらゆる方向から広めることに努めている。

http://www.youkin.com

1st.アルバム「唐人〜からびと〜」(KACD-001)
2nd.ミニアルバム「上海ウェイヴ」(KACD-002)
3rd.アルバム「THE THIRD MAN〜第三の男〜」(KACD-003)

→トップページへ戻る