Yang-cin Collection

金さんの揚琴コレクション  

 
現在、金亜軍が使用している「揚琴」は、特別にオーダーカスタマイズしたもの。

揚琴は、100本以上の弦を本体の木だけで支えるため、
気候などによって「音が狂う 」という現実から回避することは難しいです。
その「音の狂い」を少なくさせるために、
金亜軍が職人と共に創意工夫で作ってきた揚琴の一部をご紹介。

上海製の揚琴は「明るい音」が特徴。

スタンドに高級材質の紫檀(したん)を指定。スタンドを重く安定することで響きが大幅に変化した。
スタンドを保護するために、ハードケースを製作したのも金亜軍が最初。
それまでは、スタンドは袋に入れて運ぶのが常識だったため、メーカー側は驚いたそうです。

装飾は、水墨画をイメージしてコテ焼きで仕上げ。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
装飾やデザインはシンプルです。
正面は紅木の「木目の美しさ」を生かし、紫檀のスタンドも非常に合っています。
水墨画面に細かくニスの乾燥ヒビが時を流れを感じさせますが、音への影響は全くありません。
ケースのキズ…多くの移動を行った証として思い出と共に残っています。
 
 【仕様】
材質:琴體(共鳴箱)=紅木
   面板(共鳴板)=梧桐〜あおきり〜
   琴碼=紅木
弦質:銀弦、鋼弦
音域:g〜a3(5オクターブ)
重量:18㎏(本体のみ)
寸法:上辺 800mm、下辺 1200mm、奥行 530mm、厚み 112mm

金亜軍のこだわりが詰め込まれた揚琴(1992~2000年使用)。

変音装置(通常は4個)を9個を取付けた揚琴を発注した。演奏ジャンルの幅が多くなることで、演奏中のすばやい転調や細かい調弦を可能にした。
本体の厚みを増やし、音楽ホールでの響きを大きくさせた。

金亜軍が、一番長く愛用していた揚琴。
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
蓋の装飾は、焼き描いた水墨画模様。重厚感を出す色を指定し、デザインはシンプルに。 
ケースには、多くの旅で受けたキズ。「木のものは木で守る」このケースによって湿気などから楽器は守られます。
環境によってヒビ割れた部分は、木の皮とニカワを使って修繕。
特注でつけた9個の変音装置も圧巻です。
 

【仕様】
材質:琴體(共鳴箱)=紅木
   面板(共鳴板)=桐
   琴碼=紅木
弦質:銅弦、鋼弦
音域:g〜a3(5オクターブ)
重量:16㎏(本体のみ)
寸法:上辺 800mm、下辺 1150mm、奥行 520mm、厚み 120mm 

 商品名《揚琴バチ》

                  Made in上海 ※在庫あり

 揚琴バチのスペアはお持ちですか?

「1セットあれば大丈夫」と思われがちですが、素材は天然の「竹」それだけに
打撃によって割れたり、折れたりすることがあります。

奏者は「腕のバランス」に合わせるために、竹の厚みを自分で調整します。
また、音の表現で「硬い音」「柔らかい音」などで、バチを持ち替えることもします。



SALE 揚琴バチ(ポピュラー)

                      税込価格:1,650-(1,500/1セット)
             2,640-(2,400/2セット ※3,000円の20%オフ)
                   ※税込み、送料は含まれていません。

SALE 揚琴バチ(クラシック)→限定15セット
                      税込価格:2,200-(2,000/1セット)
             3,520-(3,2
00/2セット ※4,000円の20%オフ)
                   ※税込み、送料は含まれていません。
《サービス》
 先端に付属している「ゴム」を、出荷時に新しいゴムに交換してお届けします。
 

【仕様】
材質:竹、ゴム
寸法:長さ 327mm
重さ:約8g(1セット)
送料:郵便レターパックライト370円、別途かかります 

揚琴バチ(ポピュラー)

 
 

揚琴バチ(クラシック)